ボストンマラソンの爆発事件について

2013年04月16日

開催中のボストンマラソンのゴール付近で、現地時間4月15日午後2時50分(日本時間16日午前3時50分)ごろに、爆弾によるとみられる大きな爆発があり、少なくとも3人が死亡、多数の負傷者が出ました。 爆発は、レース開始から約4時間後に起こり、市民ランナーがフィニッシュする時間帯のボリュームゾーンにあたります。

第1回オリンピックの翌年である1897年から開催されている“伝統のボストン”のフィニッシュエリアが、一瞬にして凄惨なテロ現場と化したニュース映像には、大きな衝撃を受けた方も多いことでしょう。

 

以下、この事件についてのコメントが掲載されている公式HPをご紹介します。

 

◆ボストンマラソン(英語)

THANK YOU FOR YOUR SUPPORT

 

◆AIMS/国際マラソン&ディスタンスレース協会(英語)

Shock and horror after bomb blasts in Boston

 

◆WORLD MARATHON MAJORS(日本語)

ワールドマラソンメジャーズの声明

 

参加ランナーの応援に来ていた3人の犠牲者のご冥福と、負傷の被害にあわれたランナーならびに応援の皆さまのご回復を心よりお祈りいたします。

 

 

ニュース一覧へ戻る

ページの先頭へ