記録計測

RECS(ランナーズイベントコンピューターシステム)は、1985年バーコードシステムで記録計測を開始、1995年には、オランダのチャンピオンチップ社と日本国内の独占使用の契約を結びRCチップの使用を開始、2003年にはランナーズトルソータグ(RTタグ)を開発し、2008年より現在主流になっているランナーズスポーツタグ(RSタグ)を使用しています。RECSは全国各地の大会の記録集計を行っています。
※計測実施大会全国800大会(提携社計測大会含む)

RECSの仕事

  1. エントリー人数集計
  2. 各種データ作成
  3. プログラム広告用データの提供
  4. ナンバーカード制作、
    ナンバーカード通知書作成
  5. 記録速報、完走証発行
    (当日発行もしくは後日発送)
  6. 大会当日の記録処理
  7. 大会結果のランネット公開

ナンバーカード ナンバーカード引換券 大会結果

ページの先頭へ

自動計測システム

Runners Chip

ランナーズチップ

「ランナーズチップ(Runners Chip)」とはランナーズグループ(RECS/計測業務提携会社)がランニング大会の記録計測を行う際の機器の総称です。現在ランナーズグループでは、「RSタグ(ランナーズスポータグ)」、「RTタグ(ランナーズトルソータグ)」という2タイプの計測機器を使用しています。
ランニング大会の記録は、スタートの号砲が鳴ってから、ゴールラインを通過するまでのタイム「グロスタイム」が一般的ですが、「ランナーズチップ(Runners Chip)」は、スタートラインを通過してからゴールするまでの正確な「ネットタイム」を計測することができます。

ページの先頭へ

RSタグ(ランナーズスポータグ)

重量5gの小型発信機チップ。シューズのひも等にビニールタイを使用して装着します。そのためマジックベルトタイプのシューズにも問題なく装着できます。また大会ごとのオリジナルチップ(1大会限定使用モデル)を作ることもできます。
日本陸上競技連盟公認の計測システムです。

ページの先頭へ

RTタグ(ランナーズトルソータグ)

重量8gの小型発信機チップ。ナンバーカードと一体にして装着をします。トルソー(胴体)位置での計測を行うことができます。防水加工も施されております。平成15年に日本陸上競技連盟より公認システムとしての認可を受けました。

ページの先頭へ

ランナーズアップデート

ランナーズアップデート

ランナーズアップデートとは、リアルタイムで記録データを取り込み、インターネットで閲覧できるサービスです。
ナンバーカードまたは氏名を入力し検索することで、計測地点ごとの通過記録を調べることができます。ナンバーや氏名が分かっていれば、ご家族やお友達の記録も確認でき大変便利です。

※検索できる記録は速報のため、参考タイムとなります。

特徴

  • ・ナンバーカードまたは氏名を入力するだけで簡単に記録を検索することができます。
  • ・記録は、通過タイムとラップタイムが表示されます。
  • ・PC、携帯電話に対応しています。

ランナーズアップデート実施大会

応援navi

ランナーの通過タイム情報をリアルタイム処理し、パソコンやスマートフォンでランナーの位置を確認することができる「ランナーズアップデートサービス」がさらに進化し、複数のランナーが選択でき、かつコースマップ上にそのランナーがリアルに移動します(移動速度は推測値)。応援のご家族やお仲間が楽しめて、便利な新サービスです。

応援navi

ページの先頭へ

Webサイトへの大会結果公開

ランネットへの大会結果公開

ランナーズグループが計測を行った大会の結果をランネットに掲載し、検索することができます。名前やナンバーカードで検索可能です。

ランネット大会結果

大会ホームページへの大会結果公開

ADECSの活用

ADECSを導入いただくと、大会ホームページ上に全記録の掲載、および個人記録の検索ができるようになります。また継続してご利用いただくことで、過去の大会の結果も掲載・検索できるようになります。

氏名、所属チーム、ナンバーカード、種目で記録検索が可能

ページの先頭へ

ナンバーカード事前発送サービス

これまで大会当日の受付会場で渡していたナンバーカード・計測チップなどを事前に参加者へ送付することで、大会当日の煩雑な受付業務をなくし、主催者・参加者双方の負担を軽減させることが可能になります。

主催者のメリット例

  • ・スタッフやテントの削減
  • ・ナンバーカードの渡し間違えの回避
  • ・プログラムなどの封入作業の削減

参加者のメリット例

  • ・余裕を持って会場に来ることが可能
  • ・受付で並ぶ必要なない

導入実績大会の一例

  • ・湘南国際マラソン(24,000件)
  • ・いびがわマラソン(22,000件)
  • ・勝田全国マラソン(20,000件)
  • ・つくばマラソン(16,000件)
  • ・熊谷さくらマラソン(10,000件)など

ページの先頭へ